最新のコメントが投稿された対局

hidasuke (1894) mdarg (1126) (2017/01/17) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/17 20時50分  mdarg (1126) 

普通の自戦記 [10秒] [18]:先手早囲いっぽいので「うーん、どうすんだっけ」とか考えているうちに秒を読まれて慌てた。飛車先が伸びてくるまで角筋は通しておいた方がよく、ここで5筋交換もあるところ、だと思う。 [22]:この金上がりも早い。矢倉中飛車や屋敷流を含みにしておいた方が得だった。最序盤はスラスラ指せるようにしておかないと短い将棋でボロが出る・・・いや、切れ負けじゃないから10秒までは使っていいんだけど、ついガツガツ指したくなるのよねぇ。秒を読まれるのが苦手だというのもあるけど。 [34]:悪手、というか手順前後。最初から2枚銀のつもりだったので先に64銀が正着。 [63]:後手劣勢のまま一進一退の中盤が続いていたが、ようやく先手の方に悪手らしい悪手が出た。代えて34銀打とねじ込まれていたら押し切られていたかもしれない。 [71]:耐えに耐えてようやく互角の形勢に戻った。ここも代えて34銀打が厳しかったところ。 [72]:しかしこのチャンス(イーブンに戻っただけだけど)を活かせない。代えて角交換に同飛なら落ち着くし、同金上がるとしても59飛成から58飛とぶつけられたときに87銀打の鬼手があった。もちろんこの時間ではそこまで読めないが、勝負するなら68角成だった。 [80]:もともと劣勢ではあったがこれで負け。代えて23飛と逃げれば粘れはした。 [83]:金打で負けっぽいけど詰んではいないような、そうでもないような、と思っていたらどとんと飛打。 [84]:いちおう確認してみたがどう考えても詰んでいる。 手合い違いの将棋に3局(本譜は最終局)もお付き合い頂きありがとうございました。感想戦も参考になりました。精進します。

hakoneekiden (2170) sinzyu (1987) (2017/01/14) [棋譜と全コメントを見る]

4: 2017/01/16 16時15分  sinzyu (1987) 

nabla8さん、回答いただきありがとうございます。 56香、おほめいただきありがとうございます。その後の手も見えれば・・ また、11手詰めの方を逃しても、まだチャンスがあったのですね。 120手目からの教えていただいた筋を並べてみて、詰ますことができました。 >詰め将棋として読んでいるので、気付きますが、実戦では難しい ほんとそれですよね。まず詰むか詰まないか読まないといけないのが難しいです。

kousei (1820) mdarg (1126) (2017/01/13) [棋譜と全コメントを見る]

4: 2017/01/16 08時06分  mdarg (1126) 

ありがとうございます。参考になります。 「力をつけて非定跡形でも戦えるようにする」という意味では、[14]手目くらいの時点で、目先の損得よりも「このあとどう指し進めるか」を考えられるようにしなくては、と思います。[22]手目の勇み足も、攻め潰せる順があるはずだという先入観が盤上を素直に見ることを邪魔しているように思われます。 横歩とか相掛かりの場合、横歩23歩の飛車切り定跡なんかでもそうですが、大駒を持たされた側の組み立てが意外と難しいんですよねぇ。順を暗記するのはもともと苦手なので、こういう形になったらこんな感じで指す的なイメージをいくつか持てるように、確認しておこうかと思います。

CANCION (1102) deep (1855) (2017/01/14) [棋譜と全コメントを見る]

2: 2017/01/15 02時51分  deep (1855) 

[46]手目46角は読んではいたのですが、なぜか 57角、同角の変化を 読んでいてその変化の中に優勢だがずっと受ける展開になる変化があり 受けきれる自信がない。ということで[46]手目同飛としました。 ですが普通に46角、57角、24角でよかったですね。 [55]手目21飛成は読みぬけしていました、いい手ですね。 これでかなり動揺してしまった。

Kaolin (1174) norider (1510) (2017/01/11) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/14 23時54分  akira81 (1593) 

Make a Dragon and a Horse as fast as you can. Then you can effectively attack your opponent's King before your opponent start attacking your King. :D

takaya777 (1816) norihei (1826) (2017/01/14) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/14 10時53分  takaya777 (1816) 

[41]敗着。△89飛成▲69歩で形良く受けることばかり考えて3八金を見逃していた。68歩などで平凡に受ければまだまだだったが、8筋の飛車が守りにも効いており押され気味の形勢といえる 定石通りに指せば有利になっていたはずなので羽生の頭脳で勉強し直すしかない

MUSASI (2045) mdarg (1126) (2017/01/12) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/12 16時18分  mdarg (1126) 

大会記録 [南極] [5]:見たことはある形だなと思っていた。 [6]:これがそもそも迂闊で、代えて44歩から流れ矢倉に受ければなんでもない。 [7]:初めて見る形だと思う。1手損角換わりはあまり自信がなかったのだが、まあ仕方ないと思い金を上がっておく。 [13]:また面をくらう。が、取るしかなさそう。 [16]:この形はたしか角打ちで後手がよかったはずだと勘違いして角打ち。飛車の利きが止まっているのを忘れていた。 [17]:どうにもならず投了。 序盤でこれだけ「何をしてよいかわからない」状態になったのは、初めて早石田を指されたとき以来かもしれない。将棋が始まる前に終わってしまい、相手の方には申し訳ない。

DemonikOu (2000) mdarg (1126) (2017/01/12) [棋譜と全コメントを見る]

2: 2017/01/12 15時07分  mdarg (1126) 

Ah, and one more thing to say. This is my memorial game of this tournament -- 10th losing game! ... are there any prize for the most losing player?

aibish (1760) nanana (1604) (2017/01/04) [棋譜と全コメントを見る]

3: 2017/01/12 14時20分  nanana (1604) 

[24] 73桂ですか。勉強になります。 たしかに83飛の十字飛車が気になるところでした。 所司先生の本、もしかしたら東大将棋シリーズでしょうか。 昔はもっと強くなりたくて、いろいろ勉強していた時期があったのですが、 いまは、なかなか趣味の時間も少なくなって・・・(泣) ありがとうございました。

nanana (1604) azyarashi (1406) (2017/01/05) [棋譜と全コメントを見る]

3: 2017/01/12 14時10分  nanana (1604) 

[5]後手早石田には35歩に対し25歩なのですね。 勉強になります。 毎日でも指せればよいのですが、なかなか難しいです; ありがとうございました。

Satomi (1529) the__beast (1543) (2017/01/07) [棋譜と全コメントを見る]

10: 2017/01/10 17時02分  the__beast (1543) 

申しにくいけど、それで最大に振れるのは分かっています。 ゴキゲン出た当初の戸辺さんの中飛本にもありますし、ゴキゲン理想系の考えと同じです。文章全体を読み取り、相手の意思を想定しての回答でしたら少し簡素過ぎます。 ソフトで見解を示し、これにて良しだからというのとは違うんです。 米長さんの言葉を借りるなら、「加藤さんはそれでいいと思うがこの人はその手を指さない、この人はこういう方だからこの手を指すと思う」です。 32金型をやらないと言ってないんです、32金じゃないとやれないと感じる結論が出て、私はそれを指そうとするんです。桂頭、角頭、角振り替え、相手との遅早、お互いの速攻や速攻備え、等はもはや大局観です。 この棋譜については長くなりましたので、 私からのコメントは控えます。

shinjo2324 (1589) nanana (1604) (2017/01/01) [棋譜と全コメントを見る]

5: 2017/01/10 15時13分  nanana (1604) 

ありがとうございます。 [36] 95歩ですか。勉強になります。 ご指摘いただけると、なるほど~と思います。 対局中に見えていないのが残念です。

grimbarak (1186) CANCION (1102) (2017/01/09) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/10 10時29分  neokdr (2422) 

居飛車対袖飛車の1局です。 [4]:後手は袖飛車の作戦になりました。 [11]:7筋をしっかり受けるならば、66歩、64銀、67金右でした。 [17]:本譜は後手が1歩得となり、少し良くなった様に思います。67金右、76歩、86銀、同銀、同歩、75銀、87銀の様な展開も考えられました。 [28]:冷静な手です。 [32]:単純に77で精算すると王手竜取りや王手馬取りがかかります。 [36]:この将棋で後手初めての感触の良くない手です。88とと角を取るのが相手に駒を渡さず攻める間違いの無い手でした。 [44]:ここからの詰みはお見事です。 後手の袖飛車が成功した将棋でした。 その原因は先手が76で1歩損した為です。先手としては75歩が来る前に76地点をしっかり受けるか、来られたとしても、76歩を打たずにがんばりたかったと思います。 後手は28手目の64歩が非常に良い手でした。

lonelygopher (1511) cesar100 (1337) (2017/01/10) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/10 01時28分  lonelygopher (1511) 

Opening is no good for me. I try to use rapid attack of Yagura but the opponent doesn't give me that chance, and I have to let him attack first. I guess S4G and K3G alerts my opponent to some extent. Move [46]: I guess that P4e first then push P7e might have been better. Move [61]: Moving the silver will lead to immediate loss I guess... Move [63}: If S6e...then S6e, P6e. I figured that I am at an disadvantage so I choose the more violent one. Move [65]: If I K7G, the pros are that I might make use of the weird king structure of my opponent for longer time (bishop is blocking the king). Though, if my opponent plays S5c then I will retreat my silver as well and have nothing to do. Since I have material loss, I want a violent variation at this point. Move [74]: I will escape the rook. If so, I cannot find anyway to avoid material loss at this point. If R5H then either S6I or S4I will be a disaster for me so I will just abandon my rook and try to reach the opponent's king immediately (though it is unlikely to work I guess). Move [76]: I will directly drop a rook to attack at this point. Move [77]: This is a blunder...I should drop on 6a which enables a bottom pawn if I want to defend. I thought of 8a but suddenly had the illusion that it is on the horse's diagonal and the clock is clicking... Both of us seem to need more time in the endgame...Lucky to win anyway.

DemonikOu (2000) mdarg (1126) (2017/01/06) [棋譜と全コメントを見る]

3: 2017/01/09 23時00分  DemonikOu (2000) 

Thank you very much for the commentary! I am so happy that you like ninjaGin and enjoy it too! Please keep up the good Shogi and become strong!

masaak (1554) lonelygopher (1511) (2017/01/09) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/09 14時31分  lonelygopher (1511) 

move [40]: Just to exclude the possibility of Ishida style. Don't know if it worths one move. move [50]: I hesitated a while if I should drop it to 6d or 6f. If S6f, then I guess it is followed by R6e, S7g, and R6a+. I gain material but only my opponent is attacking. move [55]: I immediately realized my opponent has a S7b after I moved the rook. Lucky for me. move [72]: simply a blunder and it's lucky that I win Overall with more mistakes than a typical 1-2 kyu game.

lutecia (1709) iPad (1180) (2017/01/08) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/09 12時07分  nabla8 (1958) 

R戦で有段者に勝利ですね。 24手目、△86同飛車はノータイムでしたがミスでした。 △87歩と打つ手を見落としたものと思われます。 120手目からは、日頃の詰め将棋、終盤研究の成果がでて素晴らしかったです。

fasakichi (1372) yoshinori921 (1494) (2017/01/07) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/07 17時45分  yoshinori921 (1494) 

攻めてから、浮き足立った。

CANCION (1102) meechan3 (1277) (2017/01/07) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/07 12時04分  neokdr (2422) 

相係り引き飛車対浮き飛車の1局です。 [16]:先手は引き飛車、後手は浮き飛車に構えました。 [17]:38銀とすれば、27銀の棒銀を含みにできますが、48銀ももちろんあります。 [25]:先手の玉形とマッチした手ですが、手損になりますので、少し後手が得をしたように思います。 [30]:24飛と飛車交換を迫る手もありました。 [34]:34歩~33桂~45歩~35歩の様にして飛車の移動を図る手もありました。64歩は少し飛車が狭い様に思います。 [37]:86歩~77桂は後手の飛車の狭さに目をつけたうまい手順だと思います。 [42]:ここまで進むと先手が満足の局面です。 [47]:好手だと思います。この後の後手の受けで無理が直感でしたが、先手の継続手が見事でした。後手としては悔しいですが、この手が来る前に72金と備える必要があったかもしれません。 [55]:この端攻めが継続の好手で、これで攻めが続いていると思います。 [59]:83歩成、同飛、84金の順もありました。 [72]:85桂と跳ねてみたかったです。同飛や同香は94香ですし、83を精算しても香の筋が97角に当たっています。 [73]:ここで形勢がはっきりした様に思います。 [83]:53玉と逃がさない様に65桂もありました。 [99]:同歩も全く悪くないですが、82竜と入玉を防いでおけば分かりやすかったかもしれません。 中盤で先手の1歩損の攻めが見事でした。 後手は中盤は押されましたが、入玉後は力を見せました。 長い戦いになりましたが、最後は先手がうまく捕まえました。

yamanohito (2037) mdarg (1126) (2017/01/06) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/06 09時35分  mdarg (1126) 

大会記録 [南極] [17]:普通の先手番藤井システムと比べると、67銀を保留して15歩を入れた形。先手が端を決めたところで急戦に決めていたが、78銀保留かつ48玉が入っているので居飛穴の方がよかったかもしれない。 [20]:この形から左銀を53まで進めると先手の入城と交換になり、端の手損を負担にしにくい。 [24]:かといってこの形で仕掛けるのも得策には見えず、やはり穴熊が妥当だったか。 [25]:意表の6筋。 [26]:悪手その1。角交換を同銀と取らせて76歩から33角打でまずまずだった。 [36]:悪手その2。指すときには「これは妙手だ」と思い喜んで指したのだが、ソフトにお伺いを立てたところ「77桂で困るでしょ」とアッサリ却下された。 [42]:悪手その3。これも自分ではいい受けを見つけたつもりでいたが、ソフト曰く「75銀が微妙に勝るけど、打ちたいなら88から打ちなさい」とのこと。55の歩が邪魔だし83に急所ができそうだしで右から打つのは頭になかった。 [51]:こうなってしまうともう勝ち目がない。投了も考えたが思い直して粘る。 [65]:付け入る隙なく寄り。 やはり28玉78銀の形になってしまってから31銀保留で急戦という構想に無理があったようだ。さらに悔やまれるのは6五歩に角交換ができなかったことで、78銀型の構えを過剰に警戒してしまった。全体にチグハグな将棋になり残念。

Pheno (1536) 708 (1575) (2017/01/05) [棋譜と全コメントを見る]

3: 2017/01/05 15時25分  708 (1575) 

[108] の香打ちは慌てた手でした。単に金をとっても勝ちみたいです。 最近は5-30と0-30をよく指して、直感力を鍛えています。相変わらず終盤が弱いので詰将棋をやらねば…。 コメント有難うございます。安定するよう頑張ります(*^ ^*)

MaxxZahar (1769) mdarg (1126) (2017/01/04) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/04 18時24分  mdarg (1126) 

大会記録 [南極] tournament [south pole] 自戒の念をこめて。I'm sorry for my insane play, again. [28]: I don't know if Saito-ryu can match against Nakahara-gakoi-king55, and wonted to try. [36]: clearly, bish-19-prom is better -- incomprehensible. [40]: missmove -- it should not be lance but pawn, and lance-15 would be better. [28]:5二玉型中原囲いに斉藤流の攻めが成立するのかどうか、わからないので試してみようと思った。 [36]:この時点でなにかおかしい。1九角成以外なさそう。 [40]: 歩と香を取り違えた。そのうえ1五香打が勝りそうな感じ。

tetsugakudo (1523) masukuman (1961) (2017/01/04) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/04 06時31分  neokdr (2422) 

相掛かり角交換系の1局です。 [6]:85歩が良くある出だしですが、これもあります。 [10]:ここで85歩ならば先手も78金と受けて、普通の横歩取りの形になります。 [11]:34飛ならば、88角成~45角という狙いがありました。 [15]:同角成として、同桂の形を強要する手もありました。 [17]:ここは好みなのですが、48銀の方が5筋に厚く、また58金と上がった時に銀が離駒になりませんので、少し得なのかなと思いました。しかし本譜も十分にあります。 [38]:もし先手がこの手を嫌うならば、桂跳ねを保留して79玉として戦いに備えてから、37桂と跳ねる手が考えられます。 [41]:34歩が手筋ですが、強く同金と取られて、先手自信のない形です。 [48]:この様に激しくなってきますと、69玉と79玉の位置の差は大きいです。 [62]:厳しい反撃です。好手と思います。 [67]:負けても同玉と取るしかない所ですが、以下詰みとなりました。 先手としては37桂と跳ねる前に、1回は79玉を入れておきたかったかと思います。また、戦いを始める前に28飛と飛車の当たりを避ける手もありました。 後手は序盤に飛車先の歩を切られましたが、それを逆用し24銀~35銀と活用した構想が良かったと思います。

mdarg (1126) neokdr (2422) (2017/01/02) [棋譜と全コメントを見る]

6: 2017/01/03 15時53分  mdarg (1126) 

追記: しかしこの「飛車なら中盤で取らせても大丈夫」という発想が出てこないんですよねぇ。船囲いだと「角金交換ならまずまずだけど飛車は渡せない」が基本線なので、頭の切り替えがなかなか。ホントは5七右銀戦法とかも試したいリストに入っていたのですが、あれはかなり難しそうですし、左美濃急戦も面白そうですから、メインにはしないまでももう少し指してみようかなという気になりました。

krsone (1624) mdarg (1126) (2017/01/03) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/03 03時22分  mdarg (1126) 

大会記録 [南極] [32]:居飛穴を目指しておいてから急戦に方針転換。こういう優柔不断な指し方で悪くしてしまうのは、結局穴熊に自信がないからで「穴熊にしなくてもなんとかなるかも」という誘惑に負けてしまう。 [36]:あわよくば銀冠、というつもりだったのだが、先に歩を押し上げるのが無難そうで、ちょっと迂闊。結局負担になってしまった。 [58]:そんなに悪くはしていないつもりだったのだが、緩手だったようで、ソフトの推奨は代えて3五歩。結局これが敗着だったのだろう。 [62]:損はしないつもりの手だったが悪手らしく、代えて5三銀が正着のよう。指している間はこれで悪くなったとは思わず、知らないうちに苦しくなっていたような感覚でいた。 [76]:どうせ捌けていない角だし、銀桂との2枚替えなら不満なんてないのに、色気を出して金で取る(おかわりが見えていなかった)。 [86]:代えて同銀の方がマシだった模様。 [110]:金じゃないと受からないのだろうなとは思ったが、金を使うと相手が間違えても勝てなくなる。 [117]:△4二銀▲2二玉△3三角まで見たら投了しようと思ったら、こんなオシャレな詰みがあった。いいなぁ、今度マネしたいなぁ。 全般に力負けの将棋だった。大会期間が終わったらまた穴熊の練習に精を出そうと思う。

neokdr (2422) zhousai (1515) (2017/01/02) [棋譜と全コメントを見る]

4: 2017/01/03 03時03分  neokdr (2422) 

mdargさん、わざわざ調べて頂きましてありがとうございます。 次回は解説サイトの83角の筋を考慮してみようかと思います。私の実力ではまだまだ一山ありそうですが、それも面白いです。 mdargさんの知識や検索力は凄いですね。棋譜コメントからも色々な手を知っているんだなぁと感じていましたが、やはり凄い。私も少しでも見習いたいと思います。

mdarg (1126) Carbunculus (1499) (2017/01/02) [棋譜と全コメントを見る]

2: 2017/01/02 21時01分  mdarg (1126) 

訂正 ソフトで検討したら[93]手目に代えて7二桂成で即詰みみたいです。逆立ちしても読み切れそうにないけど。

yamanohito (2037) orihime (2015) (2017/01/02) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/02 09時42分  orihime (2015) 

南極大会。  [12]手目△2二飛の形は先手三間飛車に対してよく使用する形で、向かい飛車の相振りで対抗しています。  [19]手目、▲5六銀から▲6八飛は機敏な攻め形。ここからしばらく▲6五歩の仕掛けがあって後手の危険な局面が続きました。[22]手目で長考していますが、振り返ると後手の備えが遅かったと思います。  [25]手目、このタイミングで。△5三銀となると攻め味がなくなると思われたのでしょうか。▲2八玉からの▲6五歩は少し違和感のあるタイミングです。しかし、これでも後手としては怖いところ。  [29]手目では、▲6四同銀もあったと思います。以下、△7七角▲同桂△6四銀▲同飛△5五角が読み筋ですが、そこで▲6九飛と深く引くと、△7七角成には▲6一銀の攻めがあり、後手の受けも難しい局面です。  [34]手目、後手から角交換。好位置に角を配置してポイントを上げたいという狙い。  [37]手目、▲6七金では▲8六角を予想していましたが、▲6七金のほうが良さそうです。  [40]手目、△5五歩が波乱を呼んだ手。▲6七金の流れからは▲4七銀と引くのかと思っていましたが、ここは許せなかったか、あるいはチャンスと見たか、先手の▲4五歩で激しい流れになりました。  [48]手目、△6一玉は▲3三角を消して桂が跳ねられるようにしたものですが、この手が必要なら、△5五歩の前に寄っておくべきだったような気がします。また、いつも悩むのですが、△6二玉との比較はよくわかりません。  [53]手目、▲6五歩が後手陣を正面から崩しにかかる手。  [56]手目、後手は△2六飛の十字飛車を見せながら迫ります。  [59]手目、▲9八飛は、後手が少しポイントを上げたように思いました。玉頭のプレッシャーがかなり緩和されました。  [61]手目、ここで▲3一角がかなり怖い手でした。△2一飛は▲3二角で終わります。対局中はどう対応すればいいか見えていませんでした。局後に検討しても、△3二飛▲2一角△2二角成くらいで難しいながら先手良さそうです。本譜は△6四歩に▲5二銀と引いた手が4三の金に紐をつける形になったので、△2一飛と引けるようになりました。これ以降は後手が良さそうです。  [82]手目、最後は桂が入ったことで寄り筋になりました。  私は、元来は長考派でしたので、南極大会は自分の満足する内容の将棋が多いです。  持ち時間が長いと手数も長い将棋が多くなるかと思っていましたが、予想に反して全体的に短手数で決着のつく将棋が多いように思います。考える時間があるので、普段なら無難に指してしまう序盤でも読みを入れて踏み込めるということなのかなあ、と興味深いです。以前からプロの棋譜がアマチュアより平均して短手数で終わっているように思っていたので、納得する部分があります。

yamasitamutumi (1573) mdarg (1126) (2017/01/01) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/01 23時42分  mdarg (1126) 

変わった形になった棋譜シリーズ [後手1手損角換わりで矢倉穴熊] [33]:つい2時間ちょっとまえに指した将棋と、先後が入れ替わっただけのほぼ同形。 http://system.81dojo.com/ja/kifus/2026400 この指し方流行ってるのだろうか。 [34]:前回は、この間話題になっていた矢倉っぽい形からの4三角打(後手だったから6七だけど)を試して悪くしたので、今度は深く囲ってみる。 [42]:後からソフトで解析しところ「4一角打たれたらどーすんの」と怒られた。 [46]:が、なにしろ穴熊に組みあがった。しかし別に良くも悪くもないというか、組んだからどうという主張のない形になってしまった。 [54]:失着。ミスった方が負けの形でミスって負け。 どーも、腰掛銀にする構想自体が非効率な気がしてきた。さっさと飛車先を決めて早繰銀にするか、いっそのこと居玉で端棒銀とかやった方が話が早そうな気がする。 https://shogidb2.com/games/e57a2c4f6cb0342600974f0da5bf07e410ed62c8 こんな感じで攻め倒せたらカッコいいんだけどなぁ。

mdarg (1126) zakogari (1957) (2017/01/01) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/01 23時42分  mdarg (1126) 

普通の自戦記 [10秒将棋] 今まで「短い将棋は切れ負け派」だったのだが、指してみると10秒将棋もけっこう面白い。食わず嫌いだった人は試してみるとよいかも。 [5]:この飛車先を決めても大丈夫なものかどうか、10秒ではきっと思い出せないので決めてしまった。 [15]:横歩を取られると先手が微妙に悪いような記憶があったが、短い将棋で横歩を取ると倍くらい神経を使うので、まあいいかなと思っていた。 [16]:しかし取ってくれない。相掛かりならなんとか指せそうだからよしとしておく。 [19]:この形なら代えて6八銀から引き角5筋と組んだ方が指しやすいと思うのだが、塚田スペシャル対策の7二銀と勘違いした。 [33]:迷ったのだが、ここは代えて4六歩。端角浮き飛車が見えているので支えられない歩は突くべきでない。19手目の後悔が後に引いていた。 [41]:2枚替えになる。ソフトに解析させると悪くはないらしいが、仕掛けの権利を失う。 [47]:後でじっくり考えても手は見えない。 [51]:変な手を指して自爆。 尻切れにはなったが、反射神経と記憶力(というか記憶検索の速さ)で指す将棋も(普通の将棋とは別のゲームっぽい感じではあるが)面白いし、頭のリフレッシュになると思う。

asobi1 (1624) RAMCESS (1396) (2017/01/01) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/01 10時30分  neokdr (2422) 

相掛系の1局です。 [21]:17手目で単に25飛とした局面と同じ局面です。24歩、同歩、同飛の時に34歩や14歩の様な変化を与えてるので、少し損とは思いますが、相手も迷うという意味ではありだと思います。 [22]:86歩は25飛横利きで85歩とされて86の歩を回収されます。 [33]:速攻する場合は玉が広いのですが、持久戦になると85桂や65桂が77金に当たり77銀よりも損になります。 [39]:面白い囲いの構築です。攻めが手薄いですが、これであれば77金が動いても77地点が堅いです。 [47]:ここの数手は後手がはっきり得をしました。先手にはまだ有効手として16歩や96歩があったのと、後手には有効手が沢山ある為です。 [69]:ここ数手は先手がひたすら手を渡す展開ですが、やはり1回は16歩と突いておくのが良いと思います。 [76]:戦いが起こる前に、41金や42金で離れ駒を無くす手もありました。41金と42金の違いは41金は飛車を渡すことを見越した手で、42金は上部に厚く構える手です。 [80]:単に85桂ですと跳ねた瞬間が甘いので、97歩、同香としてから85桂と行きたい所ですが、97歩に同玉と取られて少し無理そうです。 [88]:76歩として同飛なら75銀と銀を使って手厚く攻める手もありました。 [102]:激しい展開になってくると、51金の離れ駒が痛い所です。 [103]:81飛の方が51金取りと玉を睨む位置なので、より厳しかったと思います。 [144]:最後は綺麗な詰みとなりました。 先手は工夫の囲いでしたが、かなり囲いが完成後に手渡しの連続となってしまいましたので、何か打開策があるとより良いのではと思います。終盤の詰みはお見事でした。 後手は先手が手渡しを続けていましたので、戦いを起こす前に離れ駒を無くしておくのが良いと思います。また、35歩は積極的で好感が持てますが、34地点に弱点を作ってしまいましたので、伸ばさない方が良かったかもしれません。34歩のままでしたら35銀と飛車をいじめる手もありますので。 先手の珍しい囲いに後手が積極的に攻め、先手がうまく反撃したという将棋でした。

ryuken (1637) nanana (1604) (2017/01/01) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2017/01/01 10時01分  nanana (1604) 

[15] 横歩(34飛)かと思いましたが予想が外れました。 [44] この手は悪手でした。次の23角成をうっかりしてしまいました。 [49] 序~中盤早々に、飛に成りこまれてしまい、一気に苦しくなりました。 [59] 感想戦でもありましたが、25飛から交換することになるため、38金などから2筋の飛の成りこみを防ぐ手もありますか。 [75] 感想戦でもありましたが、24と35の2枚の桂はとてもにらみを利かせていますので、21龍として23歩の垂らしを狙う手もあったかも? [95] このあたりは、正直怪しそうな雰囲気を感じました。寄せられてしまいそうな気がしました。 [104] 秒読みにも追われて、複雑な手順等が読めなくなっていました。 このあたりでは、詰むか詰まされるかという切羽詰まった時間との勝負でした。 先に69角成としたほうが良かったかもしれませんが、少し難解で読み切れません。 最後は適当な指し手が見つからないまま、時間切れとなってしまいました。 申し訳ございませんでした。 検討画面の機能を用いての感想戦、ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

nanana (1604) inage (1765) (2016/12/31) [棋譜と全コメントを見る]

4: 2017/01/01 05時56分  nanana (1604) 

mdargさん、コメントをありがとうございます。 [25] 37桂から4筋位取りですね。勉強になります。 [31] 26銀、38飛してみたいところでしたか。 46銀左のところで、その手を指してみたいかな。 [37] 64銀のほうがよさそうですね。 ありがとうございます。

mdarg (1126) Bohemian (999) (2016/12/30) [棋譜と全コメントを見る]

2: 2016/12/30 20時31分  mdarg (1126) 

訂正 誤:7三飛打 正:7三桂打

nanana (1604) takkachan (1538) (2016/12/30) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2016/12/30 15時49分  nanana (1604) 

[24] ▲46銀急戦を封じられた気がしました。ここから作戦変更になりました。 [45] 桂頭を守る飛上りでしたが、ここでは△64角も少し気になりました。 [63] ここでは先に▲55角としてからのほうが良いかもしれませんね。 ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

nanana (1604) k31206 (1609) (2016/12/30) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2016/12/30 09時35分  nanana (1604) 

34手目△36歩型の定跡を忘れてしまいました。それ以降は力戦でした。 48手目△53角は飛当たりをうっかりしてしまいました。好手ですね。 60手目の△97桂から成り捨てて、△97歩成の手順は勉強になりました。 非常に厳しい手順でしびれました。 最後は時間切れで申し訳ございませんでした。 ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

fuzaketa9dan (1658) nanana (1604) (2016/12/30) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2016/12/30 08時56分  nanana (1604) 

59手目あたりでは私(後手)のほうが悪い気がしました。 74手目は飛車の利きをうっかりしてしまいました。ポカです。 終局図では、先手のほうが形勢は良いと思いました。 駒割は、先手の角得が大きいと思います。 時間切れが残念でした。ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

ringo888 (1072) awxork (1034) (2016/12/29) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2016/12/30 04時56分  awxork (1034) 

ringo888さん この将棋で妙な指しまわしをして申し訳ありませんでした。

mdarg (1126) dstn3422 (1609) (2016/12/22) [棋譜と全コメントを見る]

4: 2016/12/29 22時19分  mdarg (1126) 

Thank you Kupo for your suggestive comment. Certainly, my move [11] and [25] look too early, but I believe that ibisya can match against gyaku-bo-gin (and I wanted to try). I serched for the successful sequens and find that would be ▲bish-66-down instead of the move [35] and △bish-33-down, ▲pawn-45. Following above, if △silv-26, then ▲pawn-25-down, △rook-25, ▲silv-36, △rook-22, ▲pawn-44. Or if △pawn-45, then ▲bish-33, △knig-33, ▲silv-56. They look like difficult for both sente and gote -- may be equal situation. In this game, I chose rikisen (attack vs attack games), but defence games against gyaku-bo-gin looks exciting too. I will try pawn-26 style and king-78 style before long.

nerimono (1466) tog (1400) (2016/12/22) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2016/12/29 08時42分  nike81 (1699) 

後手天守閣美濃の組み方に違和感 27手目▲54歩△44歩▲45銀△54銀▲44角△23玉▲22角成△同玉▲54銀△同歩まで一直線に思えます。

yachiyoshi (1311) yowamushisan (1425) (2016/12/28) [棋譜と全コメントを見る]

2: 2016/12/28 10時28分  zooy (1150) 

そういう仕組みなのでは?

mdarg (1126) syuuru (1774) (2016/11/28) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2016/12/27 20時10分  mdarg (1126) 

普通の自戦記 [対中飛車矢倉穴熊] [9]:ベースを早指しにて時間をまとめて使う指し方を志向していた時期だが、意表の打ち直しに面を食らって小考。 [24]:中飛車で5筋の位を取る取らないは構想上重要なのだが、先手が一方的に角を手持ちにしている状況はおそらくレアで、どうすればどういう手が出てくるのか想像がつかない。 [25]:ので「とりあえず」深めに囲い相手に指させたい。 [29]:後手凝り形になったように見えたので、呼吸を合わせて時間を使い構想を練る。右辺を歩越し銀にしないで手厚く攻めればなんとかなるんじゃない、という考えだった。 [31]:見通しが立ったのはよかったが、代えて4一角打があったのを見逃した。序盤の「指しちゃいけない手」を咎める力は、必要以上の不利を背負い込まないためにも必要。 [37]:この頃マイブームだった矢倉穴熊。あまり筋のよい指し方ではない気がするが、なにしろ後手玉形が薄く仕掛けも軽そうなので、固めてしまえば作戦勝ちっぽくも見える。 [47]:いったん落ち着いたので反撃の仕掛けを検討する。仕掛ける前に穴になりそうなところを塞げたという意味では好手だったが、タイミング的にはもっと早く突くべきだったよう。 [55]:先手の方が飛車先が軽く銀も捌きやすそうで、少しよいかなというつもり。 [57]:地下鉄飛車が成立するとは思っておらず、手待ちするなら囲っちゃうよという意図で指した。 [65]:かなり忙しくなっているのだが、本人は間に合うつもりでいる。 [73]:ソフトには悪手扱い(代えて8六香打が勝る)されるが、いま考えてもこっちが正着だと思う。一生懸命早指ししているつもりが、相手の倍以上時間を使っており、けっこう焦る。 [75]:手順前後で、先に3三歩打が正着。 [76]:しかし相手の方にも受け損ないが出てチャラ、だと思いたい。 [81]:有害無益な手。時間が減るのに手が見えず、とりあえず手番を戻して相手が考えている間に考えようと思った。 [83]:苦し紛れのハッタリが功を奏して考えを立て直せたが、実は読み抜けがある。 [85]:3五香打と使わせようと色気を出した手だが、飛車を無視して5二香打なら難しくなった。失着。 [89]:明快な寄り筋が見えないまま時間が減り、鋭くなくていいから寄せに近付く手を指そうと思ったのだが緩手。5二とが厳しい。 [91]:代えて1一角成なら明快に勝ち。 [95]:受けなしに見えるがどうやって詰ますのかわからない。そこで先ほどの手口をもう一度使い回し、1手1手(っぽく見える)の受けをひとまず指して相手の時間を使って考える目論見。 [96]:目論見が当たり時間はできたもののやはり読み切れない。即詰みがきっとあるんだろうとは思っていたが、どうせ自玉はZだということに今更気付き、簡単な必至をかけて勝つ順を選んだ。 下書きのままの棋譜コメントを発見し、記憶で補って投稿。盤上ではぱっとしなかったが、盤外(というか時間のやりくり)が上手くいき自滅を免れた。

pooh3 (2326) ajigonomi (2665) (2016/12/26) [棋譜と全コメントを見る]

3: 2016/12/26 16時00分  pooh3 (2326) 

neokdrさんコメントありがとうございます。ajigonomiさんとは力が違うのは自覚していたので力で勝負したら厳しいと思ったので比較的研究が生きやすい形にしようと思ってこの形にしました。 [29]手目:neokdrさんの解説にもあるように先手で後手横歩みたいな形になっているので、通常形より1手得しているので先手は端に3手かけられるので、15歩96歩型か16歩95歩型を選べます。どちらが得になる変化もあるので微妙なところですが、今回は15歩96歩型にしました。 [30]手目:強気な1手で24歩を合わされると決戦は避けられない。決戦を避けるために74歩を突く前に33角と上がり24歩を受ける手ならもう少し穏やか。 [38]手目:ここは手が広く他にも28歩や33銀、33桂などがあります。 [44]手目:飛車の逃げ場所は74、64、54の3か所があります [66]手目:ここで15歩がついてなければ14角と打たれる手があった。以下26竜なら25歩24竜なら23歩で竜が追われるので65手目に22銀が打てるのも15歩型を生かしているつもりでしたがあとから見ると16歩型でも14角に24竜23歩26竜22金に15歩とする手はあるかもしれません。 [109]手目:最後も16歩型でも詰まない気がしますが15歩型が心強く83銀と駒を渡して必死をかけることができました。 この将棋は端歩直接勝敗を左右する変化も多く30手目38手目44手目の分岐点で端歩の関係で応手が変わります。それぞれの変化でどっちの端を突いたほうがいいかは違うので今回うまくいったから15歩96歩型がよかったというわけではないですが今回はとてもうまくいって印象に残りました。

serena (1624) asobi1 (1624) (2016/12/18) [棋譜と全コメントを見る]

3: 2016/12/26 14時23分  mdarg (1126) 

どうもお邪魔します。 [99]手目に代えて5三歩打とは渋いですね。自分なら[93]手目に代えて6一飛打で「よくなるか悪くなるかわからないけど主張は通すよ」とやっちゃうところです。この辺、ノリじゃなく読みで指せれば将棋に深みが出るのでしょうけど、難しいです。 勉強になりました。

nabla8 (1958) 1d9546 (1498) (2016/11/17) [棋譜と全コメントを見る]

3: 2016/12/25 09時01分  1d9546 (1498) 

...pc.notoribude....arigatougozaimasita...

Behme (2149) orihime (2015) (2016/12/24) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2016/12/25 05時49分  orihime (2015) 

南極大会の自戦譜です。 序盤は、先手が[3]角道を止めたため「▲振り飛車VS△右四間」の戦型を思っていました。 しかし結局先手は飛車を振らず、後手は[14]石田流に組む形になりました。 戦型選択の駆け引きですが、後手が少し突っ張っていると思います。 [28] △3一角は、▲6五歩~▲4五銀の筋を警戒したもの。 [38] △4四銀で、無事左銀が進出。 [39] ▲4五歩で本格的に開戦。後手の銀は引けないところです。 [44] △6五歩が読み筋。飛角の利きを通しつつ△6六銀と角を抑える狙いの、味の良い手です。    ▲5五金には△6六銀、▲5五角には△5四銀から△6六銀、▲6七歩には△8五銀という読みでした。    このあたり、▲2四歩には△同飛で悪くないと思っていたので、後手指しやすい気がします。 [51] 替えて▲6七歩には△3七歩成や△3九角があり、6六の銀を取りにいけません。 [52] △5四飛と回った感触が良く、後手好調という印象です。 [54] ここは重要な分岐点でした。    直前の先手の▲4七角は、▲6五角と▲3六角を見せ、△6九角も防いでいる好手だと思います。    しかし、何か後手に決め手がありそうな局面。△3七角/△3九角/△5六歩/3七歩成/△6四角あたりの組み合わせを考えます。    本譜の△5六歩に対して、▲同歩には△3七角、▲同金には△3九角という読みでした。    感想戦では、△5六歩に替えて露骨に△3七角という手を検討しました。    以下、▲同桂△同歩成▲6五角△6四飛▲4三角成で、飛車を取らずに△6七歩が好手か、という話になりました。    △6七歩が打てれば本譜より後手良さそうです。    ただ、後手は本譜でも悪くはありませんでした。 [64] 読み通りの進行で王手桂取りがかかりました。    しかし▲7七銀打と玉を固めた手が意外に大きく、先手陣がすぐには寄らなくなります。 [68] 桂を取って馬を作って飛車を端に追いやって、後手が悪いはずはないという局面ですが、ここで具体的にどう指していいのかわからなくなりました。    △6六金~△4二金で形勢を損ねたと思います。    感想戦で指摘されましたが、[68]手目か[70]手目のところで△4四歩と歩を取り、△4五桂と「振り飛車の左桂」を活用するのが急所だったようです。 [71] この▲3四馬が見えていませんでした。失敗したと感じました。 [74] △7七銀から△4五銀は勝負手で、駒損するものの先手の大駒を封じて速度で勝負しようとしたもの。    しかし以下[88]手目まで自然な対応をされ、読み通りの進行で大勢が決してしまいた。 [89] ▲6一銀が決め手。自然ながら厳しい寄せの手でした。こうなると4二のと金がしっかり働いています。 [93] ここは▲7六金のほうが明快でした。    後手は受けても良くならないのでアヤをつけようとしていますが、先手の持ち駒に角が入ると後手玉に詰みが生じます。 [96] ここでも後手玉には詰みがあるのですが、受けは効かないと見て、「雰囲気詰めろ」をかけています。 [113] 最後は馬を抜いて、先手安全勝ちです。 全体を通してみると、有利だった序中盤から逆転を許してしまった一局でした。 しかし1時間の持ち時間をほぼ使い切ったのは初めてで、集中して力を出せたように思います。 △4四歩~△4五桂を見つけられなかったのが、自分の未熟さでしょう。 とても充実した一局でした。ありがとうございました。

masahitoarabaki (1919) tonnbo (1499) (2016/12/18) [棋譜と全コメントを見る]

2: 2016/12/24 03時29分  tonnbo (1499) 

丁寧なご解説ありがとうございます。  確かに26手目は失敗でした。金無双にしとけばよかったです。対四間は苦手で(=勉強不足)なかなか勝てないんですよね。端攻めのことが頭に無かったのでしょう>< いろいろと参考になりました。ありがとうございます。

hide01 (1547) RISING_FORCE (2120) (2016/12/14) [棋譜と全コメントを見る]

6: 2016/12/23 20時00分  mdarg (1126) 

大変参考になります。この棋譜ですね。 https://shogidb2.com/games/ed903fbc0103817b4f3c3184ea01aee14f7b34af#f24bcdf640ff7f11a0150c52a55097424a6ec54f なるほど、28手目の1二香が用意の手ですか。3一玉で待機しつつ、他に指したい手を指しながら手待ちすることで、穴熊を組む途上で一番危ない形である2二玉~1一玉のタイミングをコントロールできるという寸法ですね。 しかしいやはや、よくまあこんな序盤を思いつくものです。先手が居玉のまま早々に6七銀を決めて、穴熊なら攻め潰すぞという姿勢を見せたところに真っ向から対抗する、後手番でも居飛車らしい主張が通った指し方だと思います。先手が左辺にかけた手がそっくりそのまま負担になって、29手目にしてすでに手詰まり模様(しかも相手は捌きの名手)とは、感心するのを通り越してポカンとしてしまいました。 [81]手目や[83]手目が見事なのはもちろんで、粘り強い受けが苦手な自分としてはたいへん参考になりますが、しかしそれでも、圧巻だったのは[88]手目に角を切ってから相手の角を消し龍を取らせて(相手の龍を残して)の寄せだと思います。凄い勝負を見せて頂いたと思います。

szymonws2016 (1249) kitokito_1848 (1164) (2016/12/22) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2016/12/22 14時40分  szymonws2016 (1249) 

move [1]

takaya777 (1816) komakoma789 (1813) (2016/12/22) [棋譜と全コメントを見る]

1: 2016/12/22 12時06分  takaya777 (1816) 

[49]疑問手だったのではないかと思う 相手の角の睨みを押さえ込んでいた場面で飛車を下段に引く価値は薄く、のちに銀打ちの筋を作ってしまったので2八飛の方が良かったか [75]苦肉の策。金を捨てる代わりに攻めを切らそうという狙い。 [83]ここは8六歩〜8七歩の方が良かった [123]ここは5二成桂〜5三歩成にしていれば勝勢だったと思う。急いで金を打ってしまったが詰みが生じる大悪手だった

このページは81Dojoのデータ管理・閲覧用ウェブシステムです。対局用アプリはサイトのトップページ( http://81dojo.com/jp )にある「道場入口」より起動して下さい。