大会: 第7回世界名手選手権大会
先手: orihime (2015) ☗4☗5☗11Icon mail on
後手: kukudaidai (1958) Icon mail off
対局開始日時: 2017-03-12 00:56:07 +0900

この棋譜へのコメント

1: orihime (2015) ☗4☗5☗112017-03-12 03:32

第7回世界名手選手権大会

後手が▲2四歩を受けない力戦型の熱戦譜です。


【感想戦のまとめ】

・32手目△3六銀が怖かった。
 以下▲4七金△8六歩▲同歩△同飛▲8七歩△5六飛▲同金△3七銀成▲2五飛で難解。後手が攻め続けるのもたいへんか。

・42手目△2六銀が勝ったように見える。対して▲1六歩は△1五歩と端を攻めて後手よし。
 なので▲2七歩△1五銀▲1六歩△2四銀▲2六歩と進めば、本譜より後手が得をしている。

・48手目は3五の歩を取らずに攻めれば一手早かった。
 仮に△7三桂▲7七桂△8一飛▲3四歩△7五歩となれば先手の右桂が遅れているので後手が攻める流れに。

・54手目△2六角の損得は微妙。

・82手目△3三銀に替えて△4二金は、▲7四歩で先手よし。△6五桂に▲6八玉くらいか。
 先手は▲3四桂や▲6四歩を含みに飛車道を通す。

・102手目は△6六歩が有力だった。▲2一龍には△3一角打で後手良し。
 なので△6六歩にも▲4三金として、難解。
 以下△4二銀▲3三歩成△1五角▲2一龍△3一銀▲4四桂のときに先手玉がぎりぎり詰まず、残しているのではないか。 


【補足:先手の反省点】

・17手目▲4六歩から21手目▲4五歩は突っ張りすぎたように思います。
 早めに▲7六歩と突いておいて矢倉模様にするのが普通な気がします。

・53手目こちらから▲7五歩と突く手もありましたが、3筋でも一歩損しているのでやりにくいです。
 63手目▲7六銀と引くようでは、流れが悪いと思いますが、結果的には良い辛抱だったのかも。
 69手目▲7六歩に気づけたので、流れを取り戻せたように思います。

・89手目▲4六金は危ない手だったかもしれません。
 替えて▲2五金のほうが筋が良さそうですが、しかし難解なのは同じです。
 102手目△6六歩を避けるには、101手目▲6五桂と取る手がありました。


深夜でしたが感想戦まで充実した一局でした。

この棋譜にコメントするにはログインして下さい


このページは81Dojoのデータ管理・閲覧用ウェブシステムです。対局用アプリはサイトのトップページ( http://81dojo.com/jp )にある「道場入口」より起動して下さい。