先手: mdarg (1423) ☗4☗9☗5Icon mail off
後手: xLelaki (1530) Icon mail on
対局開始日時: 2017-07-13 15:29:06 +0900

この棋譜へのコメント

1: mdarg (1423) ☗4☗9☗52017-07-13 09:38

詳説自戦記+実戦終盤問題 [後手9筋突き越し四間飛車に57右銀急戦]
*現在、なぜか棋譜再生だけができないトラブルが続いており、コメントを頂いても局面確認ができません。ごめんなさい。

10:後手藤井システム調の出だし。このところ穴熊(苦手ではなくなったけどいまだに嫌い)ばっかりだったので少し嬉しくなる。
19:普段は棒銀が主戦術なのでこの形なら迷わず37銀なのだが、このときは57右銀急戦が指したくて仕方なかった・・・
26:のだが、ここまで指してから定跡を覚えていないことに気付いた。後手64歩型なら55銀なのは知っているのだが、この形ではそちらに出られない。
27:ということで結構悩んだ。後からソフトで解析したところ代えて35銀が微妙に勝ったよう。
31:ソフト曰く66から打った方がいいらしい。そういえばたまにある筋だった気もする。
32:これは微妙に緩手だったか。代えて△82玉が冷静で▲24歩と攻めても△同歩▲同銀△同銀▲同飛△22歩打でひとまず受かり、お約束の▲31銀打や▲22角成のほかに▲34歩打なんかもあり先手不満はないが、形勢としては互角。もし本譜△12香に代えて△64角なら▲24歩△同歩▲同銀△46歩▲同歩△同飛▲33銀成△同桂▲21飛成などと進んで先手好調。
40:順当に進んで難しい局面。
41:ソフトに解析させても結果が分かれ、技巧は21飛成を推奨、Aperyは微差で47歩打を推奨。後から見れば21飛成が真っ直ぐな手だったと思う。
43:代えて32銀打もあったところだが優劣は不明(どちらにしても先手微妙に優勢)。
44:相手の方に受けのミスが出た。代えて54角打か、反発するなら37歩成、まだしも85銀打だったよう。
47:しかし優勢になったところでいつもの緩手が出てしまう。手広いところではあるが、やはり代えて34歩打が厳しく、12龍と香を取るのも有力だったよう。対四間飛車や三間飛車の急戦では、こういう局面で安易な攻め方をしていると最後の最後で美濃囲いに負ける。
51:またも辛抱が足りない。代えて▲31龍とかわし、△99角成▲88銀△98馬▲99銀打で2枚替えされても後手捌けない形だった。
53:ここも相当悩んだのだが、どうやら正着のよう。
54:取られる手はまったく読んでいなかったのでびっくりした。
56:形勢は先手よさそうだが気の抜けない形。
57:とここで大失着。応じて△28飛成に▲36角でこちらがよい、という謎の勘違いをした。代えて54歩で普通に先手がよい。
59:相手の57銀が厳しいことに気付いて慌てた。どうせ受けるなら46角打が正着。
70:悪くしたもののそれなりに踏ん張ってこの局面。いやー、なんかおかしいとは思ってたのだが・・・
71:ここで44馬が見えないとは何事だろうか。
104:劣勢になるもなんとか粘ってこの局面。
105:ついに受けでミスる。代えて同桂が正着。
106:しかし相手の方も99飛打を見逃して首の皮一枚。
114:ここは代えて87香成が厳しかったところだが・・・
117:律儀にミスり返す。代えて86桂と前に打つのが正着。
119:これも大悪手で、先手玉受けなし。
128:しかし勝負はわからないもので、相手の方も寄せ切れずかなり紛れた・・・
129:のにまた大悪手で、再び受けなし。代えて66桂打で急場は凌げた。
130:と思ったが相手の方も寄せをミスる。級位者の将棋はこれがあるから最後までわからない。
133:いやー、ホントにわからない。まあお互い正常な読みを入れられる状態はキープできていなかったということだろう。正着はもちろん66香打。
134:代えて88成銀で寄る。
135:代えて同玉で粘れる。
139:仕方なく暴れる。
148:見逃してもらえず寄り。
149:これは受けになっておらず、ぴったり詰んでいる。
150:しかしまあ詰ます必要はなく、これにて投了。

さて終盤問題。119手目と130手目を着手した局面は後手勝ちが確定している。なんとなく進めていって「ああ、これで勝ってるやん」という勝ち方ならできそうな感じで、どちらも強いソフトに先手を持たせて1分将棋で必至かつ詰まずの形を作れたら初段くらいか。150手目を着手した時点での即詰みは難しい。強いソフトに後手を持たせ15分切れたら60秒読みで166手目まで指させたらとてもスゴイ(5段とかそのくらい?)。ただし、もし可能なら無駄合いをしてもよい。

この棋譜にコメントするにはログインして下さい


このページは81Dojoのデータ管理・閲覧用ウェブシステムです。対局用アプリはサイトのトップページ( http://81dojo.com/jp )にある「道場入口」より起動して下さい。