先手: elfen_lied (1901) Icon mail off
後手: feeriquemoon (1743) Icon mail off
対局開始日時: 2017-12-21 06:41:18 +0900

この棋譜へのコメント

1: feeriquemoon (1743) 2017-12-21 09:34

45
基本構想
リードしないといけないです
49
34歩でよかったかなぁ
と考え質問してみたところ
棒銀に対しては金銀交換でぎりぎり受ける
方法がある。しめしてもらった

具体的なことが解らないことは多い
ある系に対し何か情報が与えられないとする。
それは、何も動けないことを意味するし、どんな間違いでも何も評価しない。
それを、自分で取りに行く自由とは、それ自体は何の関係もない。
だから、それをするのは自由意志で、夜道で後ろから切りかかって「答えろ」、なんて言うのは、紳士のやる事じゃない。恥じるべきだと思うが、横行している。これを具体的に言い換えると、文が汚くなってしまう。
自分の思考の整理に使っているので、見世物じゃない↑

52
52飛車等の指摘
79銀が遅れているという箇所が私は視野に入っていなかった。
「それよりも、厚みを作られて嫌でした」
との感想
そっか、読みがとても速い。
自分は52飛車を無意味なタイミングでやって、
よくも1000点以上評価値減らせるな、ピンポイントで、、
という経験を思い出して考えなかった。

具体的なある個所の真偽に依存するから攻めの成否(というと大げさで物理的に死ぬかどうかとかのほうが多い)とかを明確にして云々に対応するケースもある。
それは、現実に属するから質量があると思っておく。ソフトの主張を翻訳するのに使う。
大雑把でも、問題ない、なるべく少ない表現を目指す。

ただ、現実に属さない範囲でも、最初に記した形の問題は常に抱えるものと考えている。

これは、本譜の進行の真偽がいまいち納得しないで指してしまったことを
抽象化しただけ。
強制的にミスを減らすか、セルフチェックを外部的にするという、以外で、
(そりゃ馬鹿みたいに訓練すればね、でも健全じゃない)
私が、常識的な範囲に、悪手を指さない範囲にするには、
どういう考えを持つのが一番いいか宿題にしよう。

72
本譜の進行と呼んだのはこの箇所までを対象に取った手順に対応する
棒銀だけどね
実際はどうなんだろうね

桂馬による反撃に関する明確な処理を全然していないという
まあ、死にたいならそうすればいいし、やる気がわかない時は誰でもある
本能的に自死をえらんで、ゲームを閉じようとすることもある

良しあしに関する情報がなく、更になんか入れてください先が、何か位相的な物しか与えられなかったら、
+-の変動はシュールなものになるだけのことだ。
人が間違えたのを笑う態度を慎みたいなら、まず自分から。

88
なんでノータイムで重要な手を指すのか意味が解らない
たぶん正解は
65歩53角同馬同金87銀成
へえ、私の頭って普通の手が一番あとなんだろうか

2: feeriquemoon (1743) 2017-12-21 10:02

手動解析での予想はソフト解析でも正しかったようだ

33
感想戦で
駒組みの進展性は考えた
実際ここでの64銀があり、こっちを選べとのこと。

更に、77桂とか65歩を気にしていたけど先手から捌きに行くのは有力
そんな気はしていたけどそうらしい
68銀でよりは戻る

実の世界の評価じゃないんだ
そのような何かの値をこうだと決める
という方式をとっている
対応させようにも一度観測して規格を決めとやるから
それどころじゃないんだ
だからどんなものかは全くわからないだけでなくなんの意味付けも対応がない。
、、が客観的に定める

56
72
実際どうだったか
それはよくない
先手は64歩で金を下げさせればいい

その結果として
65歩同歩同銀の手が疑問手である
42角とかでバランスを取るべき

客観的な評価をしたいなら具体的なところへはoo点を取ってようやくできるけど
何時もそれが対象に入るような何か話かは分からない
こういう戦型だと明示されやすいのでそういう趣旨もある
64歩が、それを集約しているので。
他の状況だと、似ているけど、無関係が前面に出る。
場の問題

81
この手が悪手
実は先手は優勢
原因不明の後手有利を誘う

89
進行が解らず
それは28歩を逃すことに集約されている
28角成は悪手だけど
その前が明確な間違えじゃないなんて
76飛車で正解
28歩を逃した時点でここまで後退せざるを得ない
厳密な趣旨での後手不利-250点という
厳しい状態ではある 
元々有利でなかったことが原因で
それで考えを誤っているのでこれは寧ろふしぜんなまちがえではない

この棋譜にコメントするにはログインして下さい


このページは81Dojoのデータ管理・閲覧用ウェブシステムです。対局用アプリはサイトのトップページ( http://81dojo.com/jp )にある「道場入口」より起動して下さい。