Relocate comments to side
Sente: hiro5050 (1368) Icon mail off
Gote: cpx2020 (1166) ☗1☗4☗12Icon mail on
Game started at: 2020-03-12 01:25:12 UTC

Comments for this game

1: cpx2020 (1166) ☗1☗4☗122020-03-12 03:10

40手目は35歩とすべきでした。同銀に36歩です。最後はまた時間切れになってしまいましたが普通に29飛打でこちらの勝ちでした。と言いましてもその後も秒読みの中で正確に指す自信は・・・(笑)ともあれ29飛は打ちたかったです。

2: hissori (2200) 2020-03-12 05:07

14手目85歩は工夫の一手ですね
なるほど、77銀と形を決めさせて34歩を突く意味ですか

正直、ちょっと思うところもありますが、悪い構想ではないのでしばらくは思うようにやってみて下さい


36手目31玉では、33銀としたいです
……と言うのは、このまま壁銀のまま戦いを起こしたくないからです

先手は35歩と突っかけて、すでに攻める意思を見せていますので、早めに防御陣を敷く必要があります

具体的に言うと、34歩と取り込まれた時に、ちょっと対処に困るんです

33銀以下は、34歩なら、同銀 35歩 45銀の要領で戦います
73角の応援もありますし、手順に壁銀を解消していますので、後手十分戦えます

本譜31玉は、22銀の壁銀が解消されない限り入城出来ませんので、一手の価値が低くなっています


37手目24歩と39手目37桂は連続の疑問手です
24歩は後手の壁銀を解消する可能性を助長させていますし(23銀の余地があるため)、37桂は34歩と取り込むことが出来なくなっています(36歩があるため)


40手目は仰る通り35歩が簡明ですね
37桂をとがめていますから
先手は26飛くらいでしょうが、73角として、次に23銀を見せて後手優勢です


42手目45歩は悪手です
理由は、お荷物だったはずの37桂を捌かせているからです

ここはやはり35歩が良いですね


59手目33歩成は大悪手です
先ほど書いた壁銀を解消してしまっているからです
次に45銀と外されるのを気にしたのでしょうが、壁銀を解消するくらいならタダで桂をあげてしまった方がマシだったりします

ここは44歩 同金 97角とされると後手が苦しいと思います
この手順の97角と本譜の97角を較べれば、その厳しさの差が歴然ですよね?


66手目42歩は、感心しません
形勢自体は損なっていませんが、感覚的にこうは指したくないのです

理由は二点あります
一点は、せっかく壁銀が解消したのだから、入城する手を考えたいこと
もう一点は、42歩はただ受けただけだからです

著しく防御効果があるのなら42歩も考えますが、基本的に受けの形としては22玉でしょうね

ただ、すぐに22玉も、実はあまり指したくなかったりします(笑)
……と言うのも、もう少し欲張れそうだからです

私の一目は86歩です
同角と取らせて同飛を本線に考えます
以下、同歩 59馬 同玉 39飛 49歩 55桂と攻めて後手勝勢です
次の67桂成~47銀成が厳しいからです

こういう、86歩みたいな手は、例えばすぐに同飛と取れなくても有効だったりします
88歩と相手に壁形を強要する手が効くからです

ですので、68手目でも86歩とし、同角なら55桂と攻めたいです
55桂に77金のような手なら、ここで88歩がリズムの良い寄せとなります


時間切れ図は仰る通り後手勝勢です
飛車を下ろせば寄りですね


負けたのは残念ですが、内容は悪くないですよ
ただ、本局のように入城し合ってない将棋は、いかに相手を入城させないかがキーポイントだったりします

壁形を解消したり、強要したりする手順を味わっておいて下さい
汎用性の高い考え方なので、すぐに使える機会が来ますのでね

3: cpx2020 (1166) ☗1☗4☗122020-03-12 06:30

hissoriさま棋譜コメントありがとうございます。つい先ほどもですがまた壁形の駒組みをしてしまい負けてしまいました。私の駒組みはちょっと問題有りのようです。形にこだわり過ぎているのが問題かもしれません。相居飛車の駒組みを見直してみようと思います。37桂は絶対に咎める癖をつけたいですね。壁形の解消・強要の考え方とても勉強になりました。このアドバイスが欲しくて棋譜コメントした感は有ります(笑)次は同じ過ちを繰り返さないようにしっかり反省して次に活かしたいと思います。

4: hissori (2200) 2020-03-12 11:54

ああ、やはり書かないとダメかな
多分、cpxさんが自力で気が付くのはちょっと難しそうだから……


壁形で戦いが始まりやすいのは、飛車先の歩を突くからなんです
この二手を囲いに回し、いち早く33桂の形を築かないと35歩の突っかけが間に合ってしまうのです

ですから、本来なら74歩も省略して囲いに手を掛けたかったりするんです
まず22銀、33角、32金、43金、53銀の形を作り、それから攻撃側の歩を突いて行くのが理想だったりします(51角を決めてから74歩が大抵の手順です)

ですが、74歩には何か理由があるんですよね?
34歩を突きにくいのと同じような理由が……


英春さん本人が言うところによると、
「英春流は総合戦法。常に同じ囲いで戦い、囲い終わった時には作戦勝ちになっているのが理想」
なんだそうです


それと、3手角は場合によっては83歩型でも組めるんですよ
必ずしも85歩型にする必要は無かったりします
84角、73桂の形から、65歩と仕掛けるのが狙いですから

まあ、一朝一夕にはなかなか難しいのですが、これだけは覚えておいて下さい
戦いが始まる前に壁形を解消することを常に意識しましょう
意識するだけで大分違いますから

5: cpx2020 (1166) ☗1☗4☗122020-03-12 12:53

hissoriさま追加コメントありがとうございます。飛車先の歩のタイミングがずれてた訳ですね!!お恥ずかしい限りです。ご指摘頂きありがとうございます。自力では気づくのに多分5年はかかっていたと思います(笑)それでは今一度飛車先の歩のタイミングを主に注目して英春流動画を見直してみます。多分『形』は頭に入っているのであとは『タイミング』ですね。ただでさえ稚拙な中、終盤ですのでせめて駒組みだけでも意識して頑張ってみます。心のこもったアドバイス本当に有難う御座いました!!!

6: hissori (2200) 2020-03-12 13:45

いや、恥ずかしいことは全く無いです
これに気が付くのは凄く大変だからです

ただ、モデルとなる棋譜があるようなので、それを見て相違点に気が付かれるかと思ってわざと書かなかったのですが(英春流を忠実になぞることだけが最善の方法ではありませんから)、壁銀が災いして負けていることが多いとなるとちょっと深刻なのかなあ……、と

あ、私、英春さんの棋書はほとんど持っていたんですよ
今はあげてしまって手元にはないですが……
かまいたち戦法も、19手定跡も、つくつくぼうし戦法もね(笑)
あともう一冊くらいあったかな?

なので、書いていることは全部棋書が注意点としてあげているところばかりだったりします

もし手に入るようなら、19手定跡は手に入れた方が良いかもしれません
34歩が堂々と突けるようになりますのでね

……って、もう30年近く前の棋書だけに、入手困難なのかもしれませんが

7: cpx2020 (1166) ☗1☗4☗122020-03-12 14:06

hissoriさま追伸ありがとうございます。通りで詳しい訳ですね。私はてっきり中の人かな?と勝手に妄想を膨らましてました(笑)私は英春流の本は新旧含めて全巻コンプリートしてます(笑)1年前までは旧型を(19手定跡など)指していたのですが4か月ほど前に英春流カメレオンの本が出まして私もモデルチェンジをしたのですが中々難しく上手く対応出来ていません。しかしとても面白い戦法なので私はこの戦法をもっと上手になりたいなと思っています。本も動画も面白いのですが説明が不足している部分が多々有りまして手探りしている次第です。気にかけて頂き本当にありがとうございます。これからも何卒よろしくお願い申し上げます。
To post a comment, please login.

This is 81Dojo's web system for account and data management. The entrance to the shogi app can be found in the main site at https://81dojo.com.