コメントを横に並べる
大会: 南極の日 将棋大長考チャレンジ大会
先手: mdarg (1427) ☗7☗9☗3Icon mail off
後手: Carbunculus (1750) ☗8☗11☗3Icon mail on
対局開始日時: 2017-01-02 23:15:14 +0900

この棋譜へのコメント

1: mdarg (1427) ☗7☗9☗32017-01-02 17:47

大会記録 [南極]

9:当然ここは佐藤新手の9六歩なのだが、頭の中だけで指したつもりになって間違えた。何度指したかわからないくらいよく指している形なのに、うっかりどころではない。
16:相手の方が感想戦で悔やまれていたように、この角打ちで少し助かった。
17:しかしここは角を温存して7七銀が正着。4六の歩を掠め取るのは手放した角が負担になると見ていたので、角交換から同銀で手得できないかなと色気を出してしまった。
24:順調に角を追い返したが、まだ悪いと思っていた。相手の方は相手の方で苦しいと見ていたらしく、ソフトの解析だとごく微妙に後手がよいくらい。
25:作れそうな主張が玉形くらいしかないので、ガッチリ囲う方針に決定。
45:ここまで囲ってソフトの判断はまだイーブン。しかし先手がかなり指しやすい形にはできた。
61:3五角から殴り合う以外になさそう、というところまで読んで、なにか指しておける手はないかと指したのだが、余計なことをしたよう。
72:しかし紆余曲折あって、相手の方が攻め合いを選択。24手目くらいからシーソーゲームが続いていたが、これで先手ややよくなった。
76:悪くしたと見ての勝負手だと思うが、ここから先指されてハラハラする手がいくつも出てきて、正直気が気ではなかった。
93:こちらが先に間違えたが勝勢は動いていない。落ち着いて金を剥がすのが正着だったよう。
99:またも紆余曲折あってチャンス到来。この状況で詰みがないわけがない、とは思うものの確実に詰んでいるという確認まではできなかった。
101:銀か角かで悩んだのだが、後で確認したらどっちでも詰んでいる模様。
102:7三玉だと思っていたので意表を突かれたが、間違えずに指せた。

2: mdarg (1427) ☗7☗9☗32017-01-02 21:01

訂正
ソフトで検討したら93手目に代えて7二桂成で即詰みみたいです。逆立ちしても読み切れそうにないけど。
この棋譜にコメントするにはログインして下さい

このページは81道場のデータ管理・閲覧用の「Webシステム」です。対局用アプリはサイトのトップページ(https://81dojo.com/jp)の「道場入口」より起動して下さい。