大会: 第14回世界名手選手権大会予選
先手: nak326 (1613) Icon mail on
後手: sinzyu (1937) ☗6☗6☗6Icon mail on
対局開始日時: 2018-01-19 21:27:24 +0900

この棋譜へのコメント

1: sinzyu (1937) ☗6☗6☗62018-01-20 06:11

第14回世界名手選手権大会予選での一局。
二転三転の将棋でしたが、偶然にも複数回の私の飛車切りの悪手が
大きいポイントになったようです。

1回目:22手目
相手の左辺に隙ありと見て、飛車を切って角を取って打ち込みを狙いました。
27角、59金、当然金を取られてはダメなので金を寄ります。
しかし飛車取りにもなってるので36角成、同歩、27飛、
あれ、飛車を取った時にできたスペースに桂が逃げられる・・
でも、飛車を成って香は取れるからいいか、こちらは71銀のままなので打ち込みに強い、
と思っていたら82歩! 同銀は72飛と打たれてもっと悪くなってしまいます。
複数個の読み抜けがあり、形成を悪くしてしまいました。

2回目:62手目
59手目に77玉と逃げて、金銀を取らせる間に安全な右辺に逃げられていい勝負、
と思っていたら、57玉と顔面受けのような感じに逃げられました。
隙ありと見て59竜、同玉、56桂としましたが、57角と受けられて攻めが無くなりました。
結局、飛車を渡してしまった上に、右辺にも逃げられてしまいました。
飛車を切るにしても、38歩成、58玉、59竜、同玉、57銀の方が良かったようです。
または、飛車を切る前に56歩と垂らしておいても受けにくかったでしょう。

3回目:138手目
詰みありと見て、桂の合駒を同飛車と切った局面。
本譜と似た進行ですが、145手目に66玉と逃げるものだとかって読みをしていました。
そうなら65歩、56玉、46とで詰みなのですが、
先に56玉と逃げるのが好手で、46と、66玉、65歩が打ち歩詰めになってしまいます。
しかし、飛車を切った時に入手した桂を打って、同飛車成で打ち歩詰みの筋が消えて、
詰ませられる筋が見えて助かったと思ったら、
同飛車不成!とされると打ち歩詰めの筋が消えないので頭が真っ白に。
実戦は同飛車成だったので詰ますことができましたが、
同飛車不成なら32金などと受けに回ることを考えていました。
しかし、同飛車不成でも、65馬と捨てれば本譜と似た筋で詰む事が感想戦で分かりました。
実際にその局面になって1分将棋で発見できたかは不明です。
3回目の飛車切りは結果的には正解でしたが、読み抜けが一杯あったのでダメでした。

形成判断の基本は駒の損得ですので、
一番価値の高い飛車を切るときは細心の注意が必要ですね・・
ありがとうございました。

この棋譜にコメントするにはログインして下さい


このページは81Dojoのデータ管理・閲覧用ウェブシステムです。対局用アプリはサイトのトップページ( https://81dojo.com/jp )にある「道場入口」より起動して下さい。