コメントを横に並べる
大会: 第4期 叡将戦【予選】
先手: Carbunculus (1812) ☗8☗9☗4Icon mail on
後手: toyosan (1350) ☗0☗0☗0Icon mail off
対局開始日時: 2019-02-12 23:25:32 +0900

この棋譜へのコメント

1: nabla8 (1958) 2019-02-13 07:56

はじめまして
深夜の熱戦を観戦させて頂きました。
1.96手目△41歩と詰めろを防いだ局面で、先手が2段目に飛車を打って一手勝ちと思っていました。
先手の考慮中にメール着信があり、一瞬はなれて局面に戻ると、104手目まで進行していて後手の
優勢な局面に変っていました。

2.後手の駒台に飛車がありますので、38と金は取れません。
▲38同玉ですと、△37飛▲28玉△31飛成で後手玉が安全になると同時に、先手玉は、詰めろになります。
従って、△17玉ですが、後手からの1手1手の詰めろが受からず投了となりました。

3.調べてみますと、97手目の▲26香が敗着と考えられます。ここで、▲72飛打ちとすれば後手玉は
詰めろになり、先手が勝っていたように思います。

4.仮に、▲72飛△36桂と進行した場合、▲44角で詰みのようです。

楽しい観戦と同時に、終盤の難しさを痛感しました。
終盤の熱戦、ご両人ともお疲れ様でした。
この棋譜にコメントするにはログインして下さい

このページは81道場のデータ管理・閲覧用の「Webシステム」です。対局用アプリはサイトのトップページ(https://81dojo.com/jp)の「道場入口」より起動して下さい。