コメントを横に並べる
大会: 和田あき・はな全米後援会西海岸大会
先手: SFShogi1 (1723) Icon mail off
後手: Chouwa (1852) ☗8☗7☗5Icon mail on
対局開始日時: 2020-09-07 04:30:58 +0900

この棋譜へのコメント

1: Chouwa (1852) ☗8☗7☗52020-09-25 00:21

イビ穴対藤井システム調三間飛車ですね。
藤井システム調三間飛車の正式名称ってなんなのでしょう?(笑)

まだこの形は不慣れですので、たくさん疑問手があったと思います(笑)。
まず、38手目の☖9六歩が味付けになったのか一歩渡して指しすぎになったのかあたりが難しかったです。
ちなみに本では☖4二玉で☖6五歩のように指せるそうです。
結局本譜に合流すると思いますが、☖4二玉より☖5二金右の方が優るかもです。

もうちょっとましな将棋を…なんて考えているのですが、勝つのに精一杯ですね。

2: hissori (2300) 2020-09-25 19:33

率直に言わせてもらうと、28手目42玉は疑問手でしょ
68角、55歩で変化する余地があるから
特に68角は一番嫌かな?
52金右も同様の意味で疑問だと思う


38手目96歩はそうやりたいね
利かしを入れてから66歩の流れは雰囲気は出てる

だけど、66歩に同銀はどうするんだろうね?
同角は連打で飛車先が止まるからさ
なので、同飛だろうけど、同金 同角 85桂は、先手が指せると思うよ

なので、66歩の前に97同桂成 同香を入れるんじゃない?
それなら難しい勝負かな?


58手目24歩は、それでも良いかもしれないけど、基本的には考えたくない(笑)
ここは65歩しか見えないよ
23歩成が何でもない以上、寄せることを考えたいね

3: asamizuki (1912) 2020-10-01 22:15

そうですね。
28手目は、もう、32金、を、
とりあえず、角がいなくなった時の、
飛先交換に備える必要があるかと。
この戦法、振り飛車、居飛車、どちらでも、使える人でないと、
感覚、つかめないのでは?

4: Chouwa (1852) ☗8☗7☗52020-10-01 23:11

そうかもしれませんね。ただ、そうは言っても、僕にとって三間飛車藤井システムは対穴熊に不可欠だと思っているので、たとえ感覚をつかむのが難しくても諦めるまで指し続けます。

5: asamizuki (1912) 2020-10-07 04:17

佐藤和俊さんが、戦法の本、
出版されてるので、参考にされては。

6: Chouwa (1852) ☗8☗7☗52020-10-07 10:43

ええ、持っていますよ。
この棋譜にコメントするにはログインして下さい

このページは81道場のデータ管理・閲覧用の「Webシステム」です。対局用アプリはサイトのトップページ(https://81dojo.com/jp)の「道場入口」より起動して下さい。