コメントを横に並べる
先手: hossori (1232) ☗1☗3☗9Icon mail on
後手: kayochan (1403) Icon mail off
対局開始日時: 2020-10-06 11:54:08 +0900

この棋譜へのコメント

1: hossori (1232) ☗1☗3☗92020-10-06 03:38

45手目と47手目が手順前後でした。感想戦でもしましたが59手目は単に21馬で良かったです。63手目も飛車交換して良かったと思います。73手目の飛車打ちがいかにも級位者って感じがします(笑)77手目で終わりました(笑)せっかく松尾流穴熊に組んでもその堅さを活かしきれずに負けるという定型的な負けパターンでした。総合的に雑だなと自分でも情けなくなってしまいました。もっと丁寧に指すことを心掛けたいと思います。

2: hissori (2300) 2020-10-06 07:22

39手目79銀右が疑問手です
とは言っても、ここから数手は知らないとちょっと指しにくい手順なので、丸暗記してしまって下さい(笑)

55歩には、同歩が正解です
相手が攻めて来たのを真っ向から受けとめる順なので怖いでしょうが、ちゃんと反撃の筋が用意してありますので、恐れずに同歩です
55同歩に、46歩の突き捨てを入れるか入れないかは微妙ですが、ここは便宜上入れないで進めます

55歩 同歩 同銀に、24歩が反撃の第一弾になります
これはさすがに取るしかありませんが、同角だと65歩の逆アタックが銀取りになり先手良し
ですので、24歩の突き捨ては同歩の一手となります

続いて第二弾が35歩です
この手が急所中の急所なんですね
意味は、同歩なら34歩と打ち、24飛と走り飛車を捌くことです
34歩に22角は、24飛と走った後に22飛成と切られる手が生じますので、44角とする感じですが、それでも24飛と出て先手良しです
もし22歩のような手なら、56歩 46歩 同歩 同銀 45歩 53角 65歩で、33歩成と22角成の両狙いで先手優勢です

ですので、35歩を取る手はなく、65歩と突いて後手も反撃に出ます
65歩には、第三弾の34歩と取り込む手がまた強手です
これに66歩は33歩成 67歩成 同銀 33桂 55角で先手勝勢
なので、ここは角が逃げるしかなく、44角となります

そして、更に先手は第四弾の強手、56歩を放ちます
これは、銀に突っ込んで来いと攻めを催促する意味です

後手も当然66銀と突っ込んで来ますが、同金 同歩 24飛で、先手が優勢になります
以下、67金には、同銀 同歩成 同金で、穴熊はうすくなりましたが自陣の憂いもなくなりましたので分かりやすい局面になっています

44銀型から55歩 同歩 同銀と仕掛けられる手には、24歩 同歩 35歩の切り返しが常にあり、振り飛車が最善の構えで待っていても強気に応じて互角以上に戦えると言うのが結論です
本譜は後手が端に二手費やしていますので、63金、73桂の二手が入っていない分攻撃力が弱いのですが、もし63金、73桂が入っていても同様に応じて戦えますので、試してみて下さい

それと……
55歩 同歩 同銀 24歩 同歩 35歩は定跡手順なのですが、実は他にも手段があったりします
それが、55歩に24歩 同歩 37桂です
こちらも互角以上に戦えますので、もし四間飛車からの攻めが手強く感じるのなら、こちらを採用するのもありです


45手目と47手目が手順前後との感想ですが、これはどちらにしても45歩が疑問手で後手良しです(本譜の46歩でも45飛と走られても先手劣勢です)
なので、45手目は24歩と突き捨てを入れ、同歩 37桂の方が良いと思います
37桂は46銀でお手伝いのようですが、45桂 同飛 56金とアクロバティックに受けてほぼ互角の形勢となります


55手目65歩が疑問手です
先手の角を成るより47歩成~57歩成の方が厳しいからです

ですので、ここは56金と飛車に当てながらと金の種を取り除くのが正解で、以下41飛 35歩でほぼ互角くらいの形勢です


59手目32馬は確かに21馬の方が良いのですが、本譜66銀がお手伝いの悪手で(正解は57歩成)32馬が活きる展開になるはずでした(笑)
66銀 56金 25飛 同飛(本譜26歩は悪手です) 同歩 33馬 同桂 66金となれば、飛車は捌けるわ、目障りな56歩や66銀を一掃しながら銀得になるわで、優勢になっていたところでした


65手目57歩も疑問手です
ここは33馬 同桂 55金 同銀で先手が指せます


71手目52馬が敗着です
ここは苦しくても33馬と角を取って辛坊するところ
以下、67と 11馬で、苦しいですがまだまだ勝負処がありました


雑と言うか、本局の敗因は弱気だと思います
その一番典型的な例が、63手目26歩です
居飛穴がまだ三枚で囲っているのに、飛車交換に応じられないのでは堅さが泣きますよ(笑)

44銀型は四間飛車も強気に攻めて来ますが、気合い負けしてはいけません
常に飛車を捌いて寄せあい勝ちをする気で臨んで下さいね

3: hossori (1232) ☗1☗3☗92020-10-06 13:32

hissori様、こんばんは。お疲れ様です。

棋譜コメントありがとうございます。毎回ですが何と素晴らしいコメント&添削でしょうか。毎回『ひょえー』を連発しながら読んでおります(笑)

さて本局ですが正しく『弱気すぎ』の一言ですね(笑)

63手目26歩で自分でも感じました。

とりあえずは44銀55歩の仕掛けには24歩同歩35歩で対応してみたいと思います。

負け込んでますが感覚としては強くなってる気はしますのでめげずに指し続けたいと思います。

不束者ではありますがこれからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
この棋譜にコメントするにはログインして下さい

このページは81道場のデータ管理・閲覧用の「Webシステム」です。対局用アプリはサイトのトップページ(https://81dojo.com/jp)の「道場入口」より起動して下さい。