コメントを横に並べる
先手: VictorC (1177) ☗0☗2☗8Icon mail off
後手: eulatphyh (1124) ☗5☗5☗8Icon mail on
対局開始日時: 2020-11-21 18:38:22 +0900

この棋譜へのコメント

1: eulatphyh (1124) ☗5☗5☗82020-11-21 10:09

右四間飛車、最近あまりお相手にしていなかったから、ちょっと対応に困ったのですが…ちょっと強引な将棋でしたが、なんとかなりました。

以下、ポイントと思った点を。

42手目42角では、先に45銀としておいたほうがやはりよかったかと。そうすれば、先手の飛車先をずんずん潰しにかかれた流れがありそうでした。銀はタダでもらえても、角は出て戻ることになったので、手損ですしね。(流れ次第では、後から銀をとるなり、取れなくても角が前に活用できたり、があったし)

56手目、先手に4筋を突破されそうなうえに飛車も渡しそうで万事休す…なのだが、そこで、54銀! これで、先手からの後手の飛車取りと飛車成を同時に受けた…とにもかくにも、「飛車成は偉い」をやれたら負けなのでこうでもするしかない…。こういう、「縦方向の割打ち」??みたいな銀の使い方があるのも、最近覚えたし、調子の良い時はパッと手が見えるようになってきました。

60手目、49飛成。とにもかくにも飛車成は偉いのです。しかも、これは後手が完全うっかりで、飛車をタダでくれつつの飛車成なので、もう、絶好調かと。

以下、先手のうっかりで終局となりましたが…

受けるとしたら、59金でしょうが、そこは29龍と桂をいただき、〜99角成〜66桂…と、後手が大暴れできた展開なので、いずれにしても、ミスせず自然に指せば、勝ちにいけた一局だったと思います。

ありがとうございました。

2: eulatphyh (1124) ☗5☗5☗82020-11-21 10:54

先週1週間前から本局まで、7日間のR対局の成績を確認したところ、 .556 でした。今までどのネット対局でも、期間ですら5割を超えることはなかったので…十分成長しています。自信が持てました。引き続き、少しずつでも、焦らず、楽しく、研鑽に努めます。

3: hissori (2300) 2020-11-21 12:35

24手目54歩は、位を取られたので安定する前に反発したのですね
うんうん、悪くない考え方ですよ
間違ってないです


30手目53歩は、利かされないで56銀とタダで銀を取ってしまった方が良いですね
以下、42角成(54歩には43飛で大丈夫です) 同金と進みますが、先手からは後手陣に飛車の打ち込み場所がありませんので、
「飛車成は偉い」
の形になりませんのでね


46手目44同角は緩いです
ここは陣形差がありますので(先手は69玉型ですので、飛車打ちに弱いですね)、同飛と取って積極的に飛車交換に出た方が優ります


48手目45銀は悪手です
銀をタダで進呈する必要はありませんのでね(笑)

ここはやはり飛車交換を迫る66角が優り後手が優勢でした

本譜は銀をタダであげてしまってから一生懸命飛車を捌こうとしていますが、そんな苦労はする必要がなかったということですね(笑)


本局の反省点は、30手目53歩と、46手目、48手目で飛車交換を迫らなかった点です

常に彼我の陣形を把握し、強く応じられるチャンスを逃さないようにしたいですね

4: eulatphyh (1124) ☗5☗5☗82020-11-21 23:15

hissori さま

コメントありがとうございます。

>以下、42角成(54歩には43飛で大丈夫です) 同金と進みますが、
>先手からは後手陣に飛車の打ち込み場所がありませんので、
>「飛車成は偉い」の形になりませんのでね

と、ありますが、もの凄い当たり前のことで恥ずかしい質問なのですが…上記の進行通り、42同金まで、進んだ局面においては、後手陣の「空いているマス」全てには、なんらか後手の駒が利いていて、先手が飛車を打ち込めないわけですが…このような状態になっているのを、文字通り、「飛車(あるいは、角でもなんでも、持ち駒)を打ち込む隙がない」という状態だ、という理解でよろしいでしょうか。(陣地の外から駒が利いていて打ち込めない、というのも含んで) (すんごい当たり前のことなのでしょうが…よく言われますが、いまいち理解できていなかったのが、この局面で初めて把握できたので…)


>本譜は銀をタダであげてしまってから一生懸命飛車を捌こうとしていますが、そんな苦労はする必要がなかったということですね(笑)

本当に…そうですね…後から冷静に振り返ってみると^_^; なんでわざわざタダであげるところに駒を進めるのか…不思議ですね(汗)


>常に彼我の陣形を把握し、強く応じられるチャンスを逃さないようにしたいですね

はい、特に終盤ですと、相手陣ばかりみて自陣を見ていないことが多いので、もちろん、終盤に限らず、本局のように、全体を通して把握できるよう、慣れていこうと思います。

ありがとうございました。

5: hissori (2300) 2020-11-22 06:32

>>42同金まで、進んだ局面においては、後手陣の「空いているマス」全てには、なんらか後手の駒が利いていて、先手が飛車を打ち込めないわけですが…このような状態になっているのを、文字通り、「飛車(あるいは、角でもなんでも、持ち駒)を打ち込む隙がない」という状態だ、という理解でよろしいでしょうか

文字通りですね(笑)
特に用語ってことではないのですが、打ち込む隙が無い状態なので、将棋用語のように使われています
この棋譜にコメントするにはログインして下さい

このページは81道場のデータ管理・閲覧用の「Webシステム」です。対局用アプリはサイトのトップページ(https://81dojo.com/jp)の「道場入口」より起動して下さい。